ボーナス(賞与)がもらえる会社と年俸制の会社の違い

ボーナス(賞与)がもらえる会社と年俸制の会社の違い

外資系企業の場合、年俸制を採用している会社は少なくありません。日本人の感覚からすると、月給制のほうがなじみもあるように感じると思いますが、どのような違いがあるのでしょうか。ここでは、ボーナスがもらえる会社との違いについてご紹介します。

年俸制の基本的な仕組み

年俸制の特徴は、年度初めに提示した年俸に基づいて給料を支払うことです。1年単位で金額を決定しますが、労働基準法の兼ね合いから1回でまとめて支払うことはなく、12か月分で割ったり、夏季・冬季のボーナス支給も含めて14回分で割ったりと、さまざまな方法で給与を渡します。

月給制との最大の違いは、1年間に支払われる金額が決まっている点です。ボーナスの金額も含めて事前に決まっていることから、もし、期待通りの成果を残せなくても確実に決まった金額を得ることができます。

メリット

1年間の収入があらかじめ決まっているため、いつ、どのように使うかを考えることができます。住宅ローンの支払いや旅行の計画など、年度初めの段階で計画を立てられる点がメリットだと言えます。また、もし会社の期待通りの結果が残せなかったとしても、収入自体は決まっていることが特徴です。

デメリット

1年間の収入があらかじめ決まっているということは、すでに一定の活躍を前提とした給与が支払われているということです。もし、期待以上の活躍ができたとしても、それに見合った収入は得られません。実力主義の環境で働きたいという人からすると、若干満足度は低いでしょう。

残業代は年俸制の注意点

年俸制の場合、1年間の収入があらかじめ決まっています。労働時間よりも成果に重きを置いた働き方になると認識している人も多いようです。そのため、残業代は支払われないのではないかと不安に思う人もいるかもしれません。しかし、本来は年俸制であっても残業代は支払われます。

年俸制の場合、残業時間は別で集計して支払われる仕組みです。例えば、タイムカードを集計し、残業時間が一定になっていることを総務などのポジションに申告すれば、年俸とは別に給料が支払われます。ただし、あらかじめ契約事項に「残業代を支払う」「みなし残業とする」などの文言が書かれている場合は別です。もし、企業で働きたいと考える場合、事前に確認しておくとよいでしょう。

ボーナスに対する認識を変えよう

月給制の会社ではボーナスをもらえるケースが一般的です。しかし、月給制に加えて賞与がある会社の場合、会社が利益を上げなければ賞与が支払われることはありません。実は、賞与がある会社のほうが年俸制よりも損をしている可能性もあります。

会社の業績によっては賞与が支給されない

年俸制の会社では、会社の業績を問わずに1年間の給与が決まっています。そのため、あらかじめ賞与を組み込んだ状態で給料がもらえます。しかし、月給制の会社では、利益が出なくて賞与が支払われない可能性もあるので注意が必要です。

支給されないときは心情的に喜べないことがある

賞与に対する理解が浅い場合、賞与が支給されないことに対して不満を感じる可能性があります。しかし、前述したとおり利益によって左右されるものであることから、賞与が支給されないことは不思議ではありません。心情的な問題を感じる可能性があるので、月給制のほうが不満を抱えやすいケースもあるのです。

年俸制と月給制を比較して入社しよう

実は、実力主義の場合は月給制のほうが給与も増える可能性もあります。どちらがよいかは一長一短なので、自分とよいほうを比較して勤務できれば問題ありません。年俸制と月給制の違いを理解し、満足できる働き方ができるようにしましょう。