就活は妥協しない精神が大事

就活は妥協しない精神が大事

就活は精神力も大事になってきます。就活で気を付けることから精神的な強さまでそろって初めて心構えができると思ってください。

就職活動をするときに気をつけるところ

就職活動をするときに気をつけたいところと言えば、出来る限り妥協はしないことです。

私が就職活動をしたとき、最初にやりたいことがコンピューターのプログラミングの仕事でした。ですから、そんな仕事を中心にして面接を受けに行っていたわけなのですが、結局面接には落ちてしまって希望としているところになかなか行けなかったのです。最初はあきらめて他のところを受けようかどうかについてかなり悩んだのですが、友達がどんどん希望している業界に入っていくのを見て、これはあきらめることは出来ないと真剣に思ったのです。

私が思ったのは、この際だから規模は関係なくて、とにかく自分がやりたいと思える仕事が出来る会社に入ろうと言うことです。

実際、ある程度の保障がなければ厳しいところはあるのですが、それでもやりたいことが出来るならばまったく問題はないと思ったのです。それに、そこで経験を積むことが出来ればまた別の会社に行くための足がかりにもなるはずです。そんな風に思ったので、そこからとにかく大小関わらず様々な会社をリストアップして面接をこなしていきました。それで結果的にひとつの会社に拾ってもらうことが出来たのです。ですから、とにかく諦めないことは大事です。

転職活動は会社の人間には言わない

会社に勤めていて転職します!と宣言して転職活動を始める人がいると思います。

実際、私の職場でそのような人を見かけたことがあります。私が転職活動をしたときには、そのことについては一切触れないようにしていました。やはり同じ仕事をしていて転職をすると言うことを周りに知られてしまうとあまり印象はよくありません。出来る限りそれは避けたいところでもあるのです。なかなかありえる話でもありませんが、転職をしようと思える人材であれば、何かしらの妨害が来る可能性も0ではありません。それに、一緒に働いている人への印象も悪くなってしまいます。

私の場合は、転職についてはこっそりと活動を続けて、採用されてから退職をすること、そして転職をすることを周りに打ち明けました。そうすることによって、引き止められることもなくなりますし、スムーズに話を進めることが出来るようになったのです。

当然退職までは1ヶ月以上空けましたし、それによって引継ぎもしっかりと行って出て行くことが出来たのです。どちらにしても良い印象を作って出て行くというのは難しいものではあるのですが、いざ辞めると言うときまで円滑に仕事を進めたいと思うのならば、転職活動をしていることは最後まで隠しておいた方がいいのです。

まとめ

いかがでしょうか。就活生には多少でも役立つ情報を発信したいと思います。また当サイトでは就活生に役立つ情報として企業の担当者にヒアリングして、就活生にアドバイスをいただいております。例えば「株式会社フォレストホームサービス インタビュー」ではリフォーム会社のフォレストホームサービス担当者がインタビュー形式で就活に役立つ情報を発信しています。どうぞ参考にしてみてください。