企業のことを知ることは常識

企業のことを知ることは常識です

就職前には企業のことを知っておく

就職活動においては、何が大事なのかと言われると、やはり求められるのは面接を受ける企業についてしっかりと理解しておくことです。

これは、面接を受ける予定の企業がどのようなところかを知っておくことは必須とも言えるものであり、そこを知って初めて志望動機などに触れることが出来るようになるはずです。志望動機を考えることにおいては、その会社について知っておくことは当然必要です。

この点は確実に押さえるようにしたいところです。いったいその会社は何をしてるのかを知り、自分の求めているビジョンに対してマッチしているのかどうかをきちんと見極めるようにしましょう。

志望動機については「志望動機を確実なものにしましょう」で掲載しています。

これは企業研究と呼ばれるものですが、私はそれをあまりしていませんでした。

別に会社なんてどこでも同じだろうということが頭にあったのです。そもそも企業研究の大切さというのは言われたことがあったのですが、それをまったく理解していなかったのです。ですから、志望動機なんて言うのは全部適当で、自分で思ったとおりにしか書いていませんでした。ですから、当然通るはずもありません。

そんな状態が続いたのですが、友達に話を聞いてみると、企業研究は最低限しておくべきことということを聞いたので、やってみたらうまくいったのです。

会社の転職面接を受けるときの注意

転職をするときに気をつけたいことなのですが、これはやはり色々とあります。

まずしっかりと意識したいのは、しっかりと自分について理解しておくことです。転職活動というのは、思った以上に自分のことを知っておかないと失敗する可能性が高いです。

就職面接でもそうなのですが、たとえば長所と短所については聞かれることが多いです。このとき、スムーズに答えることが出来ない場合はやはり採用から一歩遠ざかってしまいます。

私はここでかなり躓いた記憶がありますし、自分のことを知るというのは恥ずかしいところもありますし、時に認めたくないこともあると思いますが、しっかりと向き合いたいところです。

この短所と長所なのですが、就職活動のときに触れることになるわけですが、社会人として仕事をしたうえで更なる経験を積んで、自分のことについてさらに分かったことがあると思います。

そこについてもしっかりと考えをまとめて、面接のときに何を言うべきなのかというのを頭の中で練っておきましょう。

それだけでもかなりの対策になります。どうしても自分の長所、短所どちらかが分からないという場合には、長所ならば反対の意味にもなりますし、その反対もまた同じことがいえます。この方法を使ってみると短所も長所も簡単に作れてしまいますから、ぜひとも試してみて欲しいです。

就職活動の前には必ず企業研究もしていく必要があります。当サイトでは企業の様々な担当者が就活のアドバイスをしてくれています。「C&C株式会社 インタビュー」などもみてみましょう。